目の下にあるたるみや欠点がゼロへ|欠点つるんとなくなる魔法の施術

笑顔

顔を小さくする技術

小顔整形

顔が大きいよりも、小顔の方が何かとメリットが多いです。そのため美容整形で小顔を目指す人がいますが、改善方法も骨を削るといったワンパターンが根付いている印象です。しかし、小顔整形には全部で4つの方法が判明しており、一口に小顔整形と言っても解消方法は様々な部分にアプローチをかけるため、一概に骨を削らなければ改善出来ないとは言い切れないのです。しかし医師の診断によって治療内容が異なるため、改善方法をリアルに知るためにもカウンセリングを有効活用する他ないでしょう。ただどこの美容外科も大体、小顔整形を4つ用意していますから、施術をするならそれぞれ方法を把握しておく必要があります。

小顔整形に使われる改善法は、全部で4つあり、脂肪やたるみを取るもの、そして筋肉関連や骨に分類されます。これらは、何故顔が大きいのか原因を追求した段階で手術内容が決まるため、医師の診断無しでは小顔整形が成り立ちません。また、原因も患者で違いますから、美容整形外科では予め4つの選択肢を用意しているわけです。まず脂肪を取る方法ですが、顔が全体的にむくみ、頬の脂肪が顔を大きく見せているなら余分な脂肪を除去しなければいけません。術後はすっきりとし、首のラインまで綺麗になりますから劇的な変化が期待されます。基本的に小顔整形では、脂肪を分解する特殊な薬を採用するので、体への負担が減ると思われます。よってダウンタイムの少ない方法になることから、小顔整形で一番人気と宣伝されているのです。逆に筋肉の影響で大顔になっているなら、大きくなる要因である筋肉を除去する施術をします。対象は、頬と顎にある筋肉で、噛んで物を食べる行為が健康的であっても美容的にはNG扱いです。ですから、筋肉を発達させないために指定された箇所を取り除くのです。ただ、根本的に改善したいなら骨に手を付けることでしょう。薄くしたり削ったりを繰り返すことで、理想の小顔整形が実現しますが、ダウンタイムがあるため最終手段として候補に上げる患者が多いです。